撮影中ずっと相麻菫として走ってきたので、今は「やっと終わった!」っていう思いがありつつ、寂しい気持ちもしています。今回は役作りの為に初めて前髪を切ってキリっとした雰囲気を出し、常に「相麻菫だったらこうかな」と考え、色々台本に書き込みながら役に向き合っていました。演じていて本当に楽しかったんですが、苦手な泣く芝居が多かったのが、少し大変でした。でも、監督が新しい私の感情を見つけ出してくださったのかなって感じることが出来ました。今の感情を大事に、もっと次に繋げていけたらいいなと思っています。