クランクインした頃は、まだ暑かったのに今はすごく寒くて、もう2か月経ったんだなぁと感じています。2か月間“村瀬陽香”として、この作品に携われたことがとても嬉しいです。
台本を読んだときに感じた村瀬の印象から、セリフがない時の目線の使い方が大事になってくると思い、鏡を見ながら練習したり、声のトーンも強がってる時は低めにしたりとか、役作りでいろいろ工夫をしました。能力を持つということは、映画の中でしか経験できないと思うので、演じていてとても楽しかったです。