Home » ブログ » 宇川紗々音

宇川紗々音

宇川紗々音 はサクラダリセットの登場人物の一人

河野裕によるライトノベルであり、能力者が集まる街「咲良田(さくらだ)」に住み、記憶を保持する能力を持つ浅井ケイと、世界を三日分、元に戻す能力を持つ春咲美空を中心に物語は展開します。能力者を管理する機関・管理局に属する「奉仕クラブ」に所属する二人が「猫を生き返らせてほしい」という依頼を受けるところから サクラダリセット という物語は始まります。

サクラダリセット

住人の半数が特別な能力を持つ街「咲良田(さくらだ)」。 過去に体験したすべての記憶を思い出すことができる(記憶保持)能力を持つ浅井ケイと「世界を最大3日分巻き戻す(リセット)能力」を持つ春埼美空。 美空も自身の持つリセット能力の影響で、記憶を失ってしまいます。

美空は、リセットによって記憶を失わないケイと力を合わせることで、過去をやり直し、現在(いま)を変えることができます。 しかし、その二人にもやり直せない「過去」がありました。それは、二年前に同級生の相麻菫をリセットの影響で失ってしまったことです。 二人は「奉仕クラブ」という部活に所属し、生徒たちの様々な依頼をこなす日々を送りながら、相麻菫を生き返らせる方法を探っていました。 そんな彼らのもとに「死んだ猫を生き返らせてほしい」という依頼が舞い込みます。 過去に起こった悲しみを消すために、ケイと美空は時を駆け巡り、世界を変えていきます。

管理局は規制を始める

管理局は能力規制強化のために、ケイ達より3つ年上の大学生で世界を修正する能力を持つ 宇川紗々音 に意図的に能力を暴走させて欲しいと依頼します。その事を予測したケイは、芦原橋高校1年生で触れた物を消す能力を持つ村瀬陽香と、大宮高校1年生で猫と意識を共有する能力を持つ野ノ尾盛夏の協力を求め、宇川の行方を探します。